東日本橋
 レディースクリニック

 東日本橋レディースクリニック

診察時間 10:00~13:00/15:00~20:00
📞03-6661-6658  WEB予約

HOME | 自費診療について

自費診療

 

ピルには様々な種類があり、費用負担という面で考えると、自費と保険の二種類に分かれます。
「月経困難症」という病名が付く方は保険でのピルとなります。それ以外の「生理不順」や「PMS」の治療目的、「避妊」という目的であれば自費でのピルとなります。
 

自費診療のピル

 
特に持病や既往症のない方であれば、血圧測定や問診のみで処方します。
(前兆を伴う片頭痛や、喫煙本数が多い方など、処方できない場合もあります)
 
当院で扱っているお薬

  • ラベルフィーユ(トリキュラーの後発品)
  • ファボワール(マーベロンの後発品)

 
料金 院内処方にて1か月3000円(税込) 初診料・再診料込
 

保険診療のピル

 
こちらは生理痛がひどい方に処方するピルです。
(前兆を伴う片頭痛や、喫煙本数が多い方など、処方できない場合もあります)

生理痛がひどい原因として、子宮内膜症の可能性がありますので、内診での超音波検査、もしくはMRI検査をおすすめします。内診検査がどうしても受けられない方は、当院スタッフまでご相談ください。
 
当院で扱っているお薬

  • ルナベルLD
  • ルナベルULD
  • ヤーズ
  • ヤーズフレックス
  • ジェミーナ

 

ピルのメリット

 
生理痛が楽になる、生理不順が治る、生理前の調子の悪さが改善する、以外にもメリットがあります。
 
●卵巣がん、子宮体がんのリスクを下げる
ピルを服用することで、卵巣がんや子宮体がんのリスクを一定程度下げられることが、いろいろな論文で発表されています。
 
●ニキビの改善になる
ピルを半年ほど使用すると、皮膚科で処方されるような抗生物質と同程度の治療効果が出てきます。そのため、ニキビの改善につながります。
 
 

ピルのデメリット

 
●軽い吐き気
ホルモン剤の特徴として軽い吐き気が出ることがありますが、飲んでいるうちに改善することが多いため、吐き気がつらいものでなければ継続して服用してみてください。
 
●少量の不正出血
飲み始め2~3か月は少量の出血がみられることがありますが、継続して飲んでいるうちになくなることがほとんどです。
 
●体重増加
「体重が2~3kg増えた」という方がまれにいますが、確率は非常に低いため、それほど心配する必要はないでしょう。
 
●血栓症
確率は非常に低いものの、血栓症が見られることがあります。前兆(目の前がキラキラしたり)を伴う片頭痛のある方はピルを内服できないため、ご相談ください。
 

飲み忘れた場合

・1日飲み忘れた場合:気づいた時点ですぐに1錠内服し、さらにその日の1錠も予定通りに内服して下さい。
 避妊の為に:同じ周期に既に飲み忘れがある場合、または前の周期の最終実薬週に飲み忘れがある場合は、緊急避妊薬を検討して下さい。
 
・2日以上飲み忘れた場合:気づいた時点ですぐに直近のものを内服し、残りは予定通りに内服して下さい。
 避妊の為に:7錠以上連続して内服するまでコンドームを使用するか、性行為を避けてください。
 1)第1週に飲み忘れた場合:休薬期間または第1週に性交を行った場合には緊急避妊を検討して下さい。
 2)第2週に飲み忘れた場合:直前7日間に連続して正しく服用できていれば、飲み忘れがないピルとしての避妊効果があります。
 3)第3週に飲み忘れた場合:休薬期間を設けず、現在のシートの実薬を終了したらすぐに次のシートを始めてください。
 
心配な場合は、緊急避妊の相談にいらしてください。
 

生理を移動したい場合

 ピルの最終週のは偽薬(薬の効果がない粒)があり、それを飲むことによって生理が来ます。そのため、そこで生理が来たら困る場合には、偽薬を飲まずに実薬を飲んで生理を遅らせることも可能です。
新しいシートの実薬部分を継続してもらい、そろそろ生理が来てもいいタイミングになったら、もともとの偽薬に戻ってください(生理を動かすために飲んだ実薬が含まれる新しいシートに関しては、月経移動の為だけに使うことになります)
 

産後はいつから開始できるか?

出産後に排卵が再開するまでには、授乳中の方だと最短で73日、授乳していない方だと25日という報告があります。そのため、産後にピルの内服を考えることも選択肢の一つとなります。
 
産後のピル内服に当たって考える問題は、赤ちゃんへの影響と、上で説明した「血栓症」のリスクとなります。
 
赤ちゃんへの影響:授乳中にピルを内服することによる赤ちゃんへの長期にわたるリスクはハッキリしていません。海外のガイドラインでは、産後半年すれば「メリットがリスクを上回り、おおむね使用できる」とされているため、産後半年してからといのが一つの目安になります。
ただし、リスクがどうしても心配な場合は、避妊に関して子宮の中に入れる「ミレーナ」というのを検討するのも一つの手ですので、一度ご相談ください。
 
血栓症のついて:妊娠していない時の血栓症のリスクを「1」とした場合、妊娠初期・中期に「1.6」、妊娠後期に「8.8」、産後1~6週に「84.0」、産後7週~3カ月に「8.9」、産後4ヶ月~1年に「0.3」となります。特に産後1週は「24.0」、2週は「10.2」、3週は「4.4」、4週は「2.2」、5週は「1.5」、6週は「2.2」と徐々に低下していきます。血栓症のリスクという点で考えると、少なくとも産後3週~4週は経過してから検討した方がいいと言えます。また、赤ちゃんへの影響のところでも説明したように、「ミレーナ」は血栓症のリスクが上がらないため、選択肢として挙げられます。
 
ミレーナについて:クリニックブログ
 

 
避妊に失敗した時間から72時間以内であれば、「モーニングアフターピル」というピルを1錠飲むだけで、90%近い確率で避妊できます。もし72時間を過ぎても、120時間までなら60%ほどの避妊効果は残されているので、心配な時にはできるだけ早く受診されることをおすすめします。
 
料金 9,800円(税込)
 

 
旅行や試験など、大事な用事があるときに生理を移動することが可能です。
生理を早める方法と遅らせる方法の二通りがありますが、遅らせる方が確実です。
 
遅らせる場合は、予定生理の5日前からホルモン剤の内服を開始し、内服している間は生理が来ないようにできます。(3週間以上内服していると、維持できなくなって出血が始まる可能性があります)
 
早める場合は、生理の5日目頃から2週間ほどホルモン剤を内服し、内服終了後数日で生理が来ることになります。(早める場合のホルモン剤は嘔気が強く出る可能性があります。また血栓症のリスクもあるため、前兆を伴う片頭痛のある方は内服できない、など内服条件があります)
 
料金 3,000円~4,500円(薬の内服期間によります)
  

 
3cmほどの棒を子宮の中に直接入れ、そこから染み出てくるホルモン剤によって、生理痛を楽にするお薬ですが、避妊にも高い効果を発揮します。ミレーナを入れることで、5年間は避妊せずに過ごすことができます。入れるタイミングは生理が終わる頃がベストです。
 
 
注意点
子宮の中に棒を入れるので、多少痛みが出たり、数か月間不正出血が続いたりすることがあります。(下からお産をした経験がある方なら、それほど強い痛みが出ることはありません。)また、棒は固定されないので、自然に抜けてしまうこともあります。
 
料金
・生理痛で処方する場合 保険適応にて、13,000円程度
・避妊目的の場合 自費にて60,000円(税込)
 

グルタチオンという成分を高配合した白玉点滴は、美白効果が高く透明感の白い肌を実感できる、海外セレブや韓国の美容クリニックでも人気の美白方法です。
 
グルタチオンは、50年ほど前から医療薬の原料として使用されているという歴史があり、安全性も保障されています。
 

白玉点滴の効果

 
メラニン合成の抑制
メラニンの生成を抑制・還元する働きがあるため、シミの予防と改善に効果的です。
表面のシミはもちろん、肌の奥に隠れたシミにも働きかけます。
非常に高い抗酸化力
老化や、心臓病などの生活習慣病を誘発して身体をサビさせる活性酸素を、優れた抗酸化作用で無毒化し、その活性酸素から肌も守ります。
抗アレルギー作用、肝機能の改善
免疫力を高めてアレルギーへの耐性を作り、肝臓の働きを高め、だるさを取って疲れにくい身体を作ります。
 

こんな方におススメ

 

  • 紫外線が気になる方
  • 日焼けに悩んでいる方
  • 見た目年齢が気になる方

 
料金
1回:4,980円  
5回:19,800円
10回:34,800円 
 

「プラセンタ」とは「胎盤」のことです。胎盤から抽出された有効成分を注射することで、全身へ有効成分が浸透し、エイジング(抗加齢)効果があると言われています。
 
最初の1か月は1回に2~3本、週に2~3回のペース、それ以降は1~2週に1回のペースで注射を打つのがおすすめです。
 

期待できる効果

 
免疫力の向上、新陳代謝の促進、ホルモンバランスの改善、自律神経の調整、疲労回復、美白効果、シミ・シワの改善
 

こんな方におススメ

 

  • 更年期障害の症状が気になる方
  • シミやシワなど、肌トラブルが気になる方
 
料金 1本:1,500円
 
プラセンタによる肌のうるおいを感じる女性

ビタミンB1を補給するものです。注射するビタミンB1がにんにくの匂いと似ているため、「にんにく注射」と呼ばれています。プロスポーツ選手にも愛用されている注射です。
 

期待できる効果

 
疲労回復、倦怠感の改善、血行促進、免疫力の向上
 

こんな方におススメ

 

  • 肩こり、頭痛、腰痛をお持ちの方
  • 疲労がたまっている方
  • 睡眠が取れているのに疲れが抜けない方
  • 体のだるさがよくならない方
  • よく風邪をひく方
 
料金 1本 1,500円
 
 
汗を流す女性

ビタミンCには、お肌のハリを保つはたらきがあります。ビタミンCは身体に貯めておくことができないので、定期的に摂取する必要があります。余分に摂取しても尿から排出されるので、副作用の心配がありません。
 

期待できる効果

 
美白効果、シミ・シワの改善、疲労回復
 

こんな方におススメ

 

  • 肌トラブルが気になる方
  • 疲れを取りたい方
 
料金 1本 1,500円
 
レモン

 

 
結婚前の準備としてのチェック、または、パートナーに対するエチケットとしてのチェックをお勧めしています。
妊娠前の準備として、妊娠した時に赤ちゃんに影響が出る病気がないかチェックします。
新しいパートナーと付き合い始めた時に、何も症状が出ない性病が沢山あるため、新しいパートナーへの感染を防ぐためにもチェックをおススメします。
 

検査内容

  • 性感染症検査 クラミジア・淋菌・B型肝炎・C型肝炎・梅毒・HIV
  • 風疹・麻疹・水痘抗体検査 妊娠中に感染すると赤ちゃんに影響が出ることがあるため、妊娠前にワクチンを打つべきかどうか判断する検査です。
  • 甲状腺検査【血液検査】:甲状腺というノドにある臓器から出てくるホルモンのバランスが崩れていると、不妊に繋がったり、流産・早産のリスクが上がる可能性があるため、おススメしています。

 
料金 38,000円(税込・診察料込)
 ※特に希望されない検査に関しては省略して費用負担も軽くなりますのでご相談ください。