東日本橋
 レディースクリニック

 東日本橋レディースクリニック

診察時間 10:00~13:00/15:00~20:00
📞03-6661-6658  WEB予約

HOME | 不妊治療について

不妊症とは

赤ちゃんを望んで避妊をせずに性生活を行っているにもかかわらず、1年以上妊娠にいたらない状態を不妊症と言います。

割合は?

タイミングが合えば1回の排卵で20〜25%の確率で妊娠するといわれており、実際1〜2年のうちに約90%の方が妊娠に至ります。そのため、およそ10組に1組が不妊症と考えられます。
 

主な原因は?

不妊の原因はいろいろありますが、男女別の分類では女性のみに原因があることが4割、男性のみに原因があるのが2~3割、双方に原因がある場合が2~3割です。
不妊は、女性側の問題と考えられがちですが、男女双方に原因がある割合を加えると約半数で男性にも原因があります。
 
根本となる原因を見つけることが一番の近道です。
検査はお二人で受けられるのが効率的ですが、男性だけ、もしくは女性だけでも大丈夫です。
検査まで踏み切れないという方は、ご相談だけでも大丈夫です。
 

男性の原因

男性側の原因としては、ほとんどが精子の異常であり、これは精液検査で簡単に調べることが可能です。上でも説明したように、不妊の原因の半数には男性が関わっているため、精液検査も早い段階で調べることをお勧めします。
 
精液検査:6,000円(税込)
※平日昼間のみの受付となるため、事前にお電話にてご予約下さい。
 

女性の原因

ホルモンの異常:血液検査にてホルモンの値を調べます。(保険診療にて約5,000円)

 脳から卵巣を刺激するために、LHとFSHという2種類のホルモンが分泌されています。
  FSH(卵胞刺激ホルモン):卵巣の中にある卵胞を発育させます。
  LH(黄体化ホルモン):発育した卵胞に働いて排卵を促します。
 
このLHとFSHというホルモンのバランスが崩れている時によく見つかるのは、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)という状態です。PCOSは、卵巣の中に沢山の卵胞があり、どれも発育できず、排卵が障害されて不妊の原因となったり、生理不順の原因となります。
根本的な治療法がないため、排卵誘発剤を使って排卵の確率を上げていくことになります。
 
ビタミンDのサプリで改善できる可能性もあります。
PCOSに対するサプリの効果
 
このほかにも甲状腺というノドにある臓器から出てくるホルモンや、授乳の時に高くなるプロラクチンというホルモン、血糖値などが影響して不妊となっている可能性もあるため、一通り採血で調べます。
 

子宮の異常:エコー検査(保険診療にて約1,500円)

子宮筋腫の位置や子宮内膜症、子宮腺筋症によって不妊の原因になることがあります。
 

卵管の異常(不妊専門クリニックへご紹介しています)

子宮から卵巣へと通じる非常に細い管である卵管の通過障害があると不妊の原因となります。
卵管が閉塞する原因としては、性感染症や子宮内膜症などが挙げられます。
 

原因不明

様々な検査をしても特に何も見つからず、原因不明の不妊症という場合もあり、不妊症全体の1~3割の方が当てはまります。