東日本橋
 レディースクリニック

 東日本橋レディースクリニック

診察時間 10:00~13:00/15:00~20:00
📞03-6661-6658  WEB予約

HOME | 婦人科について

婦人科について

 

症状別の説明病名別の説明があるので、受診の際の参考にしてください。

症状から調べる

 

痒みの原因として、カンジダという菌(白い塊のようなおりもの)やトリコモナスという菌に感染している可能性が考えられます。 カンジダに関しては、一度治っても繰り返しやすいので、その都度の治療が必要になります。 ひどくなると、デリケートゾーンが真っ赤に荒れてしまい、痛みを伴いますので、早めに受診してください。 初診の段階で治療薬を処方します。 
 
カンジダについて

痛みの原因として、上に書いたようにカンジダが悪化した場合や、ヘルペス、バルトリン腺という部分が腫れてしまう、など様々な原因が考えられます。
治療法が全く異なりますので、ひどくなる前に受診してください。
 
カンジダについて

おりものが増える原因として、性感染症や雑菌の増加が考えられます。
クラミジアや淋菌が原因の場合、治療までに時間がかかると、不妊症の原因にもなりますので、早めの受診をお勧めします。
多くの場合は雑菌が増えているだけのことが多いので、初診の段階で治療薬を処方します。
 
カンジダについて
 
クラミジアについて

 

生理痛がひどくなると、生理の前や生理とは全然関係ないタイミングで痛みが出ることがあります。
また、排便痛や性交痛が出てくることもあります。
そういった痛みの原因として、子宮内膜症というものが考えられます。
子宮内膜症では、子宮が腫れたり、卵巣が腫れたりするのですが、そのような「腫れ」が見られないこともあり、生理痛が酷いのに、超音波検査では何も見つからず、「何も異常がない」と言われてしまうことがあります。
そういった超音波ではわからないタイプの子宮内膜症にも、対応いたしますのでご相談ください。
 

急激な体重の変化やストレス、競技レベルでの激しい運動、ホルモンバランスの乱れによって、生理不順になります。
詳しくは生理中のホルモン採血が必要なので、ご来院してください。

ホルモンバランスが原因で起きる場合がほとんどですが、稀に、性感染症、ポリープ、子宮頸癌、子宮体癌などの病気の場合があります。まずは診察においでください。 
 
クラミジアについて
 

月経前症候群といって、生理前のホルモンの変化により、気分が沈んだり、イライラしたり、胃腸の調子が悪くなったりします。
漢方薬やピルで改善することも多いので、ご相談ください。

 

1年間避妊をせずに妊娠しない場合は不妊症と言います。不妊症の原因はさまざまで、超音波の検査、ホルモン検査、性病検査などが必要です。
また、不妊症の原因として、男性にも原因があることが50%ほどありますので、男性側の検査=精液検査も必要です。
まだ妊活を始めていない方でも、性病検査、特にクラミジアは不妊症の原因となりますので、将来の妊娠を考えている方は、早めの検査をお勧めします。
 
クラミジアについて
 

不妊症の原因検査、ホルモン検査、排卵誘発、タイミング療法を行っています。
人工授精・体外受精に関しては、専門病院へご紹介させていただきます。

 

おりものがいつもと違う、パートナーが性病と言われた、などの性病の心配があるときは、検査が必要です。
クラミジアや淋菌は子宮以外にのどに感染することもあるため、子宮の検査だけではなく、喉の検査も受けるようにしてください。
のどの検査は、うがいをして調べます。喉に感染すると、風邪のような症状が出ることもありますが、全く症状が出ないこともあるため、心配な時には検査が必要です。
 
クラミジアについて

クラミジア、淋菌、ヘルペス、コンジローマ、梅毒、HIVなど様々な性病があります。
おりものが増えていると、クラミジア・淋菌の可能性、できものが出来ていると、ヘルペス・コンジローマ・梅毒の可能性が出てきます。
ただ、クラミジア・淋菌・梅毒では、明らかな症状がない場合もあるので、心配であれば一度検査を受けてください。

 
クラミジアについて

病名から調べる

 
婦人科のがんで最も多い子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあります。
子宮頸がんは、腟の奥の子宮頸部とよばれる部分に出来る癌です。子宮の入り口付近に発生することが多いので、普通の婦人科の診察で検査しやすく、発見されやすいがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすい癌ですが、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要といえます。
 

子宮頸がんとヒトパピローマウイルス(HPV)

 
子宮頸がんの発生には、その多くにヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関連しています。
HPVは、性交渉で感染するウイルスです。子宮頸がんの患者さんの90%以上からHPVが検出されます。HPV感染そのものは珍しい事ではなく、感染しても、多くの場合、自然にHPVが排除されます。HPVが排除されず感染が続くと、一部に子宮頸がんの前がん病変や子宮頸がんが発生すると考えられています。また喫煙も、子宮頸がんの危険因子です。
以前、HPVワクチンを受けた、という方であっても、癌にならない訳ではないので、子宮頸がん検診は必要です。

 
女性の3割は持っていると言われる「子宮筋腫」 自覚症状は全くないのに、健康診断で見つかることもあります。
そんな子宮筋腫が問題になるのは、「大きさ」と「位置」
10
㎝近い大きさの子宮筋腫になってくると、お腹の上から直接触ってもわかったり、便秘がちになったり、トイレが近くなることもあります。また、子宮筋腫がある位置によっては、生理の量が非常に多くなり、貧血症状が進むこともあります。
健康診断で子宮筋腫や貧血を指摘された方、普段から生理の量が多いかなと思う方、お腹周りが大きくなったかなと思う方は一度ご相談ください。
 
検査方法
経腟超音波や経腹超音波、MRIという検査になります。
 
治療方法
手術で摘出したり、栄養血管をブロックして縮めたり、ホルモン治療にて縮めることができます。
 
具体的な治療法などはこちらをご覧ください
 子宮筋腫について
 

 
代表的な卵巣腫瘍としては、チョコレート嚢腫と皮様嚢腫(奇形腫とも)が挙げられます。多くの場合は自覚症状もなく、健康診断などでたまたま見つかることがあります。
 

チョコレート嚢腫について

文字通り卵巣腫瘍の中にチョコレートのような液体が入っている腫瘍です。古い血液が腫瘍の中にたまり、それが徐々に茶色くなっていって、最終的にはチョコレートのようになります。
このチョコレート嚢腫があると、生理痛が強くなることがあり、生理痛で受診した時にたまたま見つかることも多い腫瘍です。
 
チョコレート嚢腫は、別名「内膜症性嚢胞」とも呼び、子宮内膜症の中に含まれます。
子宮内膜症は、子宮の内側にある「子宮内膜」という組織が子宮以外の場所で増える病気で、生理のある女性の約10%にみられます。生理痛の原因となり、悪化していくと生理以外の下腹痛、腰痛、性交痛および排便痛が出てくることもあります。
不妊症との関係も指摘されていて、原因不明の不妊症患者の半数に子宮内膜症が存在するともいわれています。
 
このチョコレート嚢腫は稀に癌になることがあります。20代、30代の方で大きさが2~3cmであれば、まず心配はいりません。しかし、10cm近い大きさがあったり、40代以上の方で6cm前後の大きさであれば、詳しい検査をしつつ、手術も視野に入れることがあります。
 

検査方法

経腟超音波や経腹超音波、MRIという検査になります。
 

治療方法

大きすぎる場合には手術で摘出します。ピルなどのホルモン治療にて縮められる可能性もあるため、大きさや症状に応じて治療法を選択します。
 

皮様嚢腫について

チョコレート嚢腫では、中にチョコレートのような液体が入っていたのですが、この皮様嚢腫に関しては、脂肪・毛髪・歯などが入っています。ブラックジャックという漫画に出てくる、ピノコというキャラクターは、この皮様嚢腫の中に入っていた臓器をつなぎ合わせて作られた設定です。実際にはそこまで様々な臓器が入っていることはほとんどなく、多くは脂肪や毛髪が入っている状況で発見されます。
 

検査方法

経腟超音波や経腹超音波、MRIという検査になります。
 

治療方法

 飲み薬や注射では縮めることはできないため、ある程度の大きさがあれば手術をすることになります。基本的には、年齢とともに徐々に大きくなってくるため、いつかは手術が必要になることがほとんどです。
3~4cmであれば経過を診ることが多いのですが、5~6cmを超えてくると、何かをきっかけに急に腫瘍が捻じれて、激痛を引き起こし、多くの場合は救急車で運ばれて緊急手術になる可能性が出てきます。そのため、ある程度の大きさになれば手術を勧めることが増えてきます。
 
チョコレート嚢腫も皮様嚢腫も手術が選択肢になることがあります。多くの場合は腫れている腫瘍の部分だけを取り除き、正常な卵巣自体は残すことになりますが、あまりに腫瘍が大きい場合には、正常な卵巣組織をあまり残せないこともあります。ただし、卵巣自体は左右に二つあり、片方が残っていれば妊娠の可能性はありますので、それほど心配する必要はないと言えるでしょう。
 
いずれにせよ、手術後に再発する可能性はあるため、定期的な経過観察は必要です。
特にチョコレート嚢腫に関しては、術後再発予防のためにピルなどのホルモン治療は効果的なため、定期的に婦人科に通うようにしましょう。
 

チョコレート嚢腫の手術後再発に関する論文
Dienogest therapy during the early stages of recurrence of endometrioma might be an alternative therapeutic option to avoid repeat surgeries.
この論文では、内膜症の治療を受けた146人のデータを検討しています。
手術の後、何も継続した治療をしなかった人が83人、低用量ピルを継続した人が32人、ジェノゲスト(商品名はディナゲスト)を継続した人が27人でした。
 
そのうち、16人が内膜症を再発したのですが、12人は内膜症術後に何も治療を受けなかった人たちでした。低用量ピルの群からは3人、ジェノゲストの群からは1人が再発しました。
 
つまり、無治療群での再発率は、12/83=14%、低用量ピルでの再発率は、3/32=9%、ジェノゲストでの再発率は、1/27=4%と言う結果になりました。
 
再発した人のうち11人は、再発と診断がついた直後からジェノゲストによる治療を始めました。
そのうち7人は2年間治療を継続し、4人は再発した内膜症が完全に治りました。
 
以上のことから、内膜症というのは手術をしたとしても、無治療で過ごすと再発してしまう事があり、その再発率を下げるためには、手術後も低用量ピルやジェノゲストでの継続治療が必要、ということになります。
 
低用量ピルやジェノゲストを内服している間は妊娠の確率がほぼゼロになってしまうため、妊娠を希望している方は、出来るだけ早く妊娠する事が内膜症の再発予防にもなります。 

 

  
日本や世界で最も多い性感染症です。子宮からお腹の中へと感染が広がると、不妊症の原因になることもあります。妊婦健診のときに必ず検査をしますが、約5%の方が感染していることがわかっています。
 
クラミジア感染が子宮に繋がっている卵管という細い管にまで広がってしまうと、癒着という状態を引きおこします。
癒着は、本来くっ付いていない臓器どうしがペタペタとくっ付いてしまうことを意味し、その癒着が原因で卵管の通り道が潰れてしまうと、不妊症の原因となるのです。
癒着そのものは、生理痛の原因となる子宮内膜症や、手術の影響でも起きうるのですが、癒着によって軽い痛みが続くこともあります。
 
癒着そのものを改善する薬はないため、一度癒着してしまった場合は、長いお付き合いをしていくことになります。 (もちろん、癒着による痛みがとても強い場合には手術をして癒着を剥がすこともあるのですが、その手術そのものが再び癒着する原因にもなりうるため、完全に痛みを取り切ってしまうのは非常に難しい話になります。)
 

症状

感染してから1~3週間ほどで症状が出ることがあります。
 
お腹の痛み、おりものの増加、不正出血、性交痛などが典型的な症状ですが、クラミジア感染者の半数以上は症状が出ないとも言われているため、疑わしいときは積極的に調べる必要があります。
 
また、男性の方もクラミジア感染による症状は比較的出にくいと言われています。排尿痛や尿道からの分泌物が疑うきっかけとなりますが、20代の無症状の男性の5%に感染が認められた、という報告もあるくらいなので、やはり疑わしい時には検査をするしかありません。
 

検査方法

主に内診で調べます。子宮の入り口を綿棒でこするだけの検査なので、痛みはほとんどありません。オーラルセックスの普及によって、子宮にクラミジアが感染していた場合、1~2割は咽頭にも同時感染していることもあるため、のどの検査も必要です。その場合は、うがいをして調べます。どちらも結果が出るのに1週間かかります。

クラミジアに感染している人の1割は、淋菌にも感染していると言われています。そのため、クラミジアが心配な時には淋菌の検査も受けることをおすすめします。

 

治療方法

抗生物質を処方します。1日飲んでいただくだけで治ることがほとんどですが、それでは治らないことも時々あるので、3週間後に治っているかどうか、必ず検査を受けましょう。治っていない場合は、別のタイプの抗生物質を処方します。
 
パートナーがいる場合は、お互いがクラミジアに感染していないことが確認できるまでは、性行為は禁止になるので注意しましょう。
 

 
クラミジアと同様に、性行為によって感染する病気で、子宮からお腹の中へと感染が広がって不妊症の原因になることもあります。また、オーラルセックスの普及により、咽頭に感染していることもあるため、咽頭の検査も必要です。

症状としては、おりものの増加、不正出血、下腹部痛などが見られますが、何も症状が出ない人も半数近くいます。一方で男性の場合は感染後数日で灼熱感のある排尿痛が出現することが多いため、比較的気づきやすい病気です。1回の性行為によって感染する確率は30%程度と言われていて、クラミジアと同様に、疑わしい場合は検査が必要です。
 

検査方法

クラミジアと同じく、内診で調べます。子宮の表面を綿棒でこすって調べるので、痛みはほとんどありません。のどの淋菌は、うがいで調べることができます。どちらも結果が出るのに1週間かかります。
子宮に感染が見つかった場合、1~3割の方は咽頭にも同時感染している可能性があるため、うたいによる咽頭検査も必要です。
また、淋菌感染した場合、2~3割の方はクラミジアにも同時感染しているため、クラミジア検査も必要です。
 

治療方法

点滴をします。1回の治療で終了しますが、まれに薬が効かないことがあるので、治っているかどうかの確認は必ず行いましょう。
 

 
スピロヘータという細菌に感染することで起こる感染症です。症状のない期間と症状のあらわれる期間が交互におとずれ、症状があらわれる度に深刻化します。


ただし、症状が全く出ない「無症候性梅毒」のこともあり、見ただけでは診断がつけられないことも多いので、心配なときはお気軽にご相談ください。

4段階でさまざまな症状があらわれます。
 

1

(感染から約3週間後) デリケートゾーン周辺に痛みのないシコリができたり、太ももの付け根にあるリンパ腺が腫れたりしますが、それらの症状は数週間で自然に消えます。 

2

(感染から約3か月後) 全身に痒みも痛みもない発疹があらわれます。また、かたく盛り上がった赤色のイボがデリケートゾーン、手・足・顔などにあらわれ、3か月~3年ほど続きますが、自然に消えます。その後無症状の時期がしばらく続きます。

3

(感染から約3年後) 全身にシコリがあらわれ、表面のもろい潰瘍をつくります。病原体が骨まで広がると激しい痛みで眠れない日が続くこともあります。

4 

手足の感覚の喪失や、心臓や血管、脳に重度の障害が発生し、死に至ることもあります。
 

検査方法

血液検査で調べます。約1週間後に結果がわかります。
 

治療方法

抗生物質の内服にて治療しますが、治療期間として数か月はかかります。途中で治療を止めてしまうのは危険なので、根気強く通院してもらうことが大事です。治らない病気ではないので、頑張って治療しましょう。
 

性行為などで性器にヘルペスウイルスが感染することにより、引き起こされる感染症のことを言います。

初めて発症する時は、かなり痛みが強く出ることがあります。皮膚がえぐれる「潰瘍」になり、歩行時・排尿時に痛みが伴います。痛みがひどい時には入院が必要になる場合もあります。再発時は、なんとなく違和感を感じるものの、軽い痛みで済むことが多くなります。
 

検査方法

痛い部分を見るだけで、おおよその診断をつけることは可能ですが、判断に迷うときは痛い部分を綿棒で拭う検査をすることもあります。
 

治療方法

抗ウイルス薬を内服または点滴して治療します。それと併せて軟膏も処方することもあります。しかし、一度体の中に入ったウイルスをゼロにすることは不可能です。そのため、一度ヘルペスに感染してしまうと、体調を崩して免疫力が低下するときに再発するケースも少なくありません。再発する時には、なんとなく違和感を覚えることが多いので、その段階で早めに受診すれば、症状を軽く抑えることもできます。

何度も再発してしまう方には、毎日お薬を飲み続けて、再発の確率を下げる治療法もあるので、ご相談ください。

 

 
HPVウイルス(ヒトパピローマウイルス)の感染によって、陰部などにイボができる病気です。

イボができるだけで、痛みやかゆみなどの症状はあまりありません。
 

検査方法

イボを見るだけで診断がつくことが多いですが、イボを切り取って顕微鏡で見る検査をすることもあります。
 

治療方法

当院では軟膏を塗って治療しますが、治りにくい場合は、外科的に電気メスで焼くこともあります
再発しやすい病気ですので、気長に治療することが必要です。
 

カンジダとは真菌の一種で、普段は腟の中にいても何も悪さをしません。しかし、風邪や疲労などで免疫力が低下して他の正常な菌が減ってしまうと、代わりにカンジダが増えてしまってかゆみの原因になります。

デリケートゾーンがかゆくなるほか、おりものが白いポロポロした状態になります。それほどカンジダが多くないときには、白くてやや水っぽいおりものになることもあります。ひどくなると、デリケートゾーンの肌が真っ赤に荒れてしまい、痛みも伴います。何度も再発しやすいのが特徴ですが、完全に再発を防ぐ方法は今のところありません。

乳酸菌を積極的に摂取すれば、再発のリスクを下げられる可能性はあります。ヨーグルトなど摂取を心掛け、それでも厳しい場合は乳酸菌タブレット(1か月3000円程度)も取り扱っていますので、ご相談ください。
 

検査方法

内診にて、腟分泌液を採取して検査をします。カンジダが明らかな場合は、当日お薬を処方します。
 

治療方法

抗真菌剤(腟錠や内服薬)やクリームを処方します。
 

腟カンジダの再発予防についての論文
Randomised clinical trial in women with Recurrent Vulvovaginal Candidiasis: Efficacy of probiotics and lactoferrin as maintenance treatment.

こちらの論文ではカンジダ腟炎を繰り返す48人の女性を2つのグループに分けて検討しています。
全員に一般的なカンジダ治療薬を使った後、一方のグループにはプラセボ(何の治療効果もない錠剤)を内服してもらい、もう一方のグループには乳酸菌とラクトフェリンの含まれる錠剤を内服してもらいました。
その結果、最初のカンジダ治療薬で症状が改善した後、半年間での再発率は乳酸菌・ラクトフェリンのグループが明らかに低くなったのです。
3ヶ月経後した時点で比較すると、乳酸菌・ラクトフェリングループの再発率33.3%に対して、プラセボは再発率91.7%
6ヶ月過後した時点で比較すると、乳酸菌・ラクトフェリングループの再発率29.2%に対して、プラセボは再発率100%
という結果になりました。
このように、カンジダの再発をかなりの確率で予防することができると言えます。
対象となった方の人数が48人と非常に少ないのですが、乳酸菌やラクトフェリンは副作用もなく摂取できると思うので、カンジダの再発で悩んでいる方は、一度お試しください。